2020年09月17日

「これで食べていく」は、成功しない論

バイトを辞めたい!
夢追う若者の悩みどころだ。

もう、とにかく俺は(または私は)バイトはしない!
ノルマがある舞台にも出ない!
だって私は(または俺は)、これだけで食べていくんだもん!

だけど早々に、それはただの現実逃避だと判明し、
お金はつきるし、
出られる舞台も無くなり、
ついにはバイトどころか就職して、
あえなく引退していく。

最大の過ちは…

芸術は食べていくためのモノじゃない!

芸術だけじゃなくて、
プロスポーツなんかもそのひとつだ。

成功してる人で、
生活のためにソレをやってる人はいない。
正確には、好きで好きでたまらなくて、
ソレ無しでは生きられない人が成功しているのだ。

例えば最近で言えば、

渡辺直美さん。

アメリカツアーも最近話題のミュージックビデオも、
自費だって言うんだから流石です。

彼女はやりたくてやりたくてやってしまった。

これこそ芸術家だよね。
見事というしかない。
ニューヨークに家まで買って、一文無し!って笑ってた。

だから、

芸術をお金で計ろうとしてる人はうまくいかない。

レッスンや、スタジオ代や、機材や楽器、衣装にヘアメイク、映画や本、旅や食事…etc.
常に、金額で選んでないかな?
もっとひどいと、出し惜しんで自己流で頑張るって人もいる。
「お金が無いから」って言い訳で。

だったらしっかり稼げばいい。

中途半端に時間を切り売りするばかりじゃなく、
自分の手で稼ぐ術を模索すべきだ。
それが出来る時代に君は居ると思うよ。

だれでも得意なことの一つや二つあるはず。
特性や能力、努力や結果に応じて稼げる仕事なら、
やりがいもあるし、時間的制約も減らせるだろう。

芸術と生活を切り離す。

これがうまくできた人が、
これからの時代、
成功(楽しい芸術的人生)を手にする気がしてならない。

FD2BD98D-E087-4C0D-830F-7110A10B7400.jpeg
posted by 春 at 03:28| Comment(0) | 日記